Fufluns

Wine & Gourmet Tours in Tuscany and Italy

フフルンスについて

フフルンス、それはエトルリアのワインの神様の名前からつけた社名です。オーナー兼ディレクターはフィリポ・マグナーニです。

フィリポ・マグナーニは42歳。1999年にフフルンス・ワイン&グルメツアー・イン・トスカーナを立ち上げました。フィレンツェ大学で経済学士、ツーリスト業マネージメント学士取得後、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインにて、国際的観光施設であるクラブ・メッド、ウエスティンホテル、リレ&シャトー系ホテル、ケンピンスキーホテルなどに勤務し、ツーリズムとガストロノミの分野において豊かな経験を積みました。

英語、ドイツ語、フランス語に堪能で、カリフォルニア(ナパヴァレー)、アルゼンチン(メンドーサ)、ニュージーランド、オーストリア、ドイツ、フランス(ボルドー、ロワール、ブルゴーニュ)など、世界各国のワイン生産地を訪問した経験があります。

2001年と2002年には、ル・コンセイユ・インタープロフェッショネル・ドウ・ヴヴァン・ド・ボルドーのワインテイスティングコースに参加、2006年にはロンドンのWSETでディプロマを取得。マスター・オブ・ワイン取得準備条件を備えています。

また、オリヴィコルトーリ・トスカーニ協会のオリーブオイル・コース参加経験を持っています。

そのほか、スローフード、およびF.I.J.E.V.(国際ワイン&スピリッツ・ジャーナリスト&ライター協会)の会員であり、イタリアの雑誌「Firma」(ダイナーズクラブ)や「Corriere Vinicolo」(ワイン雑誌)に記事を執筆しています。

フィリポ・マグナーニはイタリアに、そして彼の仕事に情熱をかけています。彼にとって、仕事とは義務ではなく大きな喜び。彼の仕事ぶりに触れて、そのことが実感いただけると思います。彼の仕事、それは、トスカーナ(キャンテイ・クラシコにはじまり、ブルネロ、モンテプルチャーノ、マレンマ、ボルゲリからエルバ島まで)の食とワインへの情熱、そして専門知識をみなさんと分かち合うことです。彼は、世界的に知られたワイナリーから、その地域に特別な魅力をもたらしている隠れた穴場にいたるまで、担当エリアを熟知しています。

たとえば、ある日の午前中には、著名ワイナリーを訪問、午後には、その地方の村のシェフから料理のてほどきを受けることもできます。こうして、本物のトスカーナに触れてみてください。地元出身のフィリポだからこそできるアレンジです。あなたの希望を実現させ、特別な、思い出深い旅をつくりあげます。トスカーナの食とワインを堪能してください。